伏麗?h廠

トマトの弼の`いから奮龍に独る?弼殆のNと們e楚が己龍と磴蠅鰈靡劼垢?

冩梢イメ`ジ鮫

トマトの惚gの奮龍は、己龍としての滅や磨龍としての嗤C磨に紗え、N?の欒彪屬砲茲辰鳶臨られます。箭えば、惚gの橿弼や仔弼を撹する弼殆のカロテノイドが蛍盾されてk伏する欒彪屬離▲櫂ロテノイドは、己龍の岑をめるとされています。しかし、さまざまな弼を隔つトマト瞳Nにおいて、その弼の`いが奮龍に嚥える唹は苧らかにされていませんでした。


云冩梢ではまず、謹N謹なトマト瞳Nの惚gに根まれる弼殆のうち、v弼弼殆で高栽撹に嶷勣なクロロフィルとカロテノイドを宴で儻堀に協楚する室gを_kしました。厚に、この室gを喘いて誼た弼殆の協楚デ`タと滅および欒彪嶌楚デ`タとをy栽盾裂し、トマトの惚gの弼と奮龍のvS來を苧らかにしました。


157瞳Nの撹母したトマト惚gを{べたY惚、クロロフィル根楚貧了10%瞳Nは、惚g嶄の麼勣な滅であるグルコ`スとフルクト`スの根嗤楚が和了10%瞳Nに曳べて嗤吭に互いことが蛍かりました。これは、惚g嶄のクロロフィルが採らかの侘で惚g嶄の滅們eに篠嚥する辛嬬來があることを幣しています。また、アポカロテノイド欒彪屬厘擦弔任△6-メチル-5-ヘプテン-2-オン(MHO)の根嗤楚が互い2瞳Nでは、その念l悶でカロテノイドの匯Nであるリコペンがほとんど贋壓しないことが蛍かりました。厚なる盾裂で、これらの瞳Nにはリコペンの旗わりにプロリコペンというeのカロテノイドが贋壓し、これがMHOの念l悶としてC嬬している辛嬬來が幣又されました。


これらの撹惚は、隆盾苧な泣が謹いトマト惚g嶄の奮龍にvわる晒栽麗の旗x崙囮メカニズムの尖盾に廚垢襪反爾┐蕕譴泙后


PDFY創

プレスリリ`ス

冩梢旗燕宀

司酵怎白悶圄伏凋h廠狼
課勸 脅 縮娩


vBリンク

伏凋h廠狼


児151定司酵怎白悶圄_僥50巓定廷並I