医療?健康

日中に烏龍茶を飲むと睡眠時の脂肪燃焼が促進される

Image by Vinne/Shutterstock (Image by Vinne/Shutterstock)

烏龍茶にはカテキン類が重合して生成する重合ポリフェノールが多く含まれています。こうした成分がエネルギー代謝に与える効果について多くの研究がされていますが、それらの多くは、1回、あるいは1日摂取した場合の効果のみに着目しています。しかし、飲用習慣を考慮すると、お茶の摂取を繰り返した場合の効果を評価することがより重要です。また、睡眠時間と体重には関連があり、睡眠とエネルギー代謝の制御は協調していると言われています。このため、食品素材の検討には、睡眠に対する影響も併せて行うことが重要です。


本研究では、烏龍茶の習慣的な摂取が24時間のエネルギー代謝と睡眠に及ぼす効果を、プラセボおよびカフェインのみを含有した飲料と比較して検証しました。被験者に2週間にわたり朝食と昼食時に烏龍茶あるいはカフェインを飲んでもらい、2週間後にエネルギー代謝と睡眠を測定しました。これをプラセボ飲料の効果と比較したところ、烏龍茶やカフェイン飲料350mlを朝昼2回飲んだ場合、睡眠を妨げずに1日の脂肪燃焼が促進されていました。特に、烏龍茶の脂肪燃焼は、睡眠時に、より大きな効果がみられました。日中は、食事摂取に伴う血糖とインスリンの上昇によって脂肪燃焼が強く抑えられるため、烏龍茶の脂肪燃焼刺激作用が睡眠時に現れたと考えられ、睡眠時エネルギー代謝の測定は食品素材の効果を検証する際にも重要であることが示唆されました。


PDF資料

プレスリリース

研究代表者

皇冠足球体育国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)
徳山 薫平 教授

関連リンク

国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)
創基151年皇冠足球体育開学50周年記念事業